インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4807号】▼伝道委員会▲ 委員会活動、見直しの時期に

2014年10月11日

 第38総会期第6回伝道委員会が9月8日~10日、札幌教会で開催された。9日、美馬牛福音伝道所を訪問、祈祷会。

伝道推進室関連
 ①三重キャラバン(9月14~15日)の件、15の教会で礼拝説教応援。15日名古屋・金城教会で伝道推進室名古屋大会・信徒の友50周年記念大会。②伝道トラクト第3弾、クリスマストラクト。③Cコース夏期研修会26名参加。④ユースミッション報告。⑤伝道推進室報第4号発行。⑥伝道推進室実行委員を1名増員する提案がなされ承認した。宣教委員会を通じて常議員会に諮る。⑦伝道推進室への意見。多岐にわたる活動のため委員増員と共に、各委員会、有志団体との協力体制が必要である。伝道推進室の働きについて常議員会報告、総幹事報告を通して全教団で情報共有すべきである。トラクトにキリスト教基礎知識入門編を作ってほしい。推進室の活動全体について、伝道方策を明確にすべきと分析した。

「こころの友」「信徒の友」編集委員会の件
 伝道委員会は「こころの友」文書伝道に関心が深く、次期以降「こころの友」編集作業に伝道委員が今までより深く関われるよう、出版局に求める。

教会中高生・青年大会報告
 8月19日~21日、東山荘、367名・153教会参加。教団が開催した青年大会は約半世紀ぶり。将来の教団を担う信徒、伝道献身者が生まれることを目指し今後も継続開催することを要望した。第39回教団総会で青年大会報告を行うため、総会会場に専用ブースの設置を総会準備委員会に要請する。また青年大会アンケートを行うことを承認。

伝道委員会の使命の再考の件
 第37総会期伝道方策検討委員会からの基本提言を受けて、教団機構改正から約半世紀を経て伝道委員会の担うべき活動を見直す時期に来ており、教規にある「伝道の調査」を具体化することと次期以降の活動範囲を整理する必要を確認して、今期の委員会活動を終了した。議事終了後、札幌教会で祈祷会。信徒の皆さんと交流した。
(成田いうし報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan