【4882号】▼教師委員会▲「新任・継続」教師研修を準備

 第5回教師委員会は、4月3日、教団会議室にて開催された。主に二つの研修会について話し合い、準備をすすめた。

 第一は、「新任教師オリエンテーション」である。6月11~13日、ハートピア熱海で実施する。「伝道を共に担う教団の教師」というテーマに基づき、石橋秀雄教団議長に講演をしてもらう。教団議長として教師に望むことを語ってもらうことにしている。さらに、島隆三東京聖書学校前校長に講演をしてもらう。教師の霊性に対する深い理解があり、教師として何が大切であるかを教えてもらうことになる。三日間共に集う中で、新任教師たちがさまざまな違いを超えて同労の教師としてのつながりを豊かに持てることを、毎回感謝している。今回も意味深いものとなるに違いない。

 第二は、「教師継続教育研修会」である。伝道推進室が行ってきた「夏期研修会」に代わるものである。教師委員会主催としてはじめて実施することになるが、8月21~23日、ハートピア熱海で開催する。テーマは「説教と牧会~福音を伝える喜び」である。准允及び転入後10年までの教師を対象としているが、教師としての重要な働きは、説教と牧会にある。教師が現場の中で豊かに御言葉を語り、牧会者としての働きが豊かになされていくために行われる。

 須田拓牧師(橋本教会、東京神学大学准教授)と柳下明子牧師(武蔵野緑教会主任担任教師、日本聖書神学校教授)に講演をしてもらう。さらに、岡本知之牧師(洛北教会)、小宮山剛牧師(逗子教会)、東野尚志牧師(聖学院教会)に発題をしてもらう。夕礼拝説教は、佐々木美知夫教団副議長にしてもらうことにしている。教団の教師養成に取り組む出発となるよう祈ってほしい。 (古旗 誠報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友