インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4667号】隠退教師を支える運動 東海教区・西静分区推進座談会

2009年1月31日

 二〇〇八年十月三一日(金)十一時三〇分から一四時三〇分まで、「隠退教師を支える運動・一〇〇円献金」の東海教区・西静分区推進座談会を遠州教会で開催しました。
開会礼拝で中遠教会・兵藤辰也牧師からテモテへの手紙一6章13?19節を通して「私たちに福音を宣べ伝え、信仰に導き、指導して下さって、隠退された先生方に感謝し、すべてのことが神様の御恵みの内に行われていることを信じます」とのメッセージを受けました。
昼食を共にしながら、各出席者の自己紹介があり推進座談会に入りました。
「隠退教師を支える運動」多田信一委員長から日頃の「一〇〇円献金」に協力下さっていることの感謝の意をこめて挨拶を、櫻井淳子年金局業務室長からも挨拶がありました。
折りしも、十一月二三日(日)が「謝恩日」であることから謝恩日献金のことも説明をいたしました。
質疑応答の中では、年金制度の具体的な事柄、例えば給付に関しての質問があり、櫻井室長と三島教会・長倉勉牧師(年金局理事)が丁寧な答弁をしました。
また隠退教師を支える運動の瀧川英子委員から、教会の中で「一〇〇円献金」を行う場合の実際的な事柄について説明がありました。
教会の用で外出していた遠州教会・小林眞牧師も途中で参加しました。
「隠退教師を支える運動」は、一九七八年秋に開催された第20回教団総会で全国的に推進することが可決されて三〇年経ちました。また東海教区としては十八年かけて、今回の西静分区を含め六分区全部で推進座談会を開催することが出来ました。この間、この献金運動に参加・協力をして下さいました各教会・信徒の皆様に改め て感謝をいたします。特に一つひとつの教会に中で献金のお世話をして下さっている奉仕者の皆様に心から御礼申し上げます。
(多田信一報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan