【4659号】秋季検定試験100名超える受験者

秋季検定試験100名超える受験者

7回教師検定委員会

 

35総会期第七回教師検定委員会が、八月四日(月)~五日(火)、教団会議室において、委員七名全員が出席して行われた。

委員長・事務局報告において、第五回常議員会(七月十四、十五日)で、当委員会からの提案である「教師検定規則改正に関する件」が承認されたことの報告があった。これは、[提案理由]に次のように述べていることに基づく、教師検定規則改正の提案である。「教師検定規則第四条は、神学部の学部を卒業した者が大学院に進学した場合を前提にしている。しかるに、近年神学部を卒業せずに神学部の大学院を卒業する者が、第四条の規則によって受験する事態が起きている。責任ある教師検定試験を実施するためには、教師検定規則第四条を、同規則が本来意図していた主旨に合わせて改正し、この事態を速やかに改善しなければならない」。尚、この改正規則による試験は、二〇一一年春季教師検定試験からとなる。

次いで、二〇〇八年秋季

教師検定試験の準備を行った。先ず、補教師受験志願者二九名と正教師受験志願者七四名の受験資格を確認した。

更に、試験について次のように協議をし、決定した。先ず、提出物(釈義、説教、神学論文等)の採点結果を突き合わせ、合否判定、再提出者等、それぞれを確定した。続いて、学科試験問題、学科試験当日の責任分担、試験日程、時間割、全体会と面接の持ち方等を協議し、決定した。面接の持ち方については、受験者の居住地に配慮すると、第一日目の方が大人数となり偏りができるので、事務局で若干の調整をすることとした。

また、教団立・教団認可神学校以外の神学校卒業者について、コース及び科目の認定、転入志願者の審査を行った。

受験費用援助に関して、今回申請書を提出した十九件について、これを検討し、承認した。

今回も多くの受験志願者が与えられたことを感謝しています。受験準備の上に、主の祝福と支え・導きを祈ります。

(倉橋康夫報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友