【4877・78号】人ひととき 平井孝次郎さん 出会いが人生を 大きく変える

 「出会いが人生を大きく変える」。平井孝次郎さんは実感を込めてこう語ってくれた。この言葉の通り平井さんの人生はキリストにある出会いによって導かれてきた。

 石巻には江戸時代(1861年、文久元年)から続く老舗の酒蔵がある。「日高見」という日本酒で有名な平孝酒造だ。平井さんは酒蔵の5代目の跡取りとして生まれた。

 大学時代に受洗した平井さんは、学生YMCAの活動を通して多くの出会いが与えられた。その中でもE・ブルンナー、W・ヴォーリズとの出会いは特別だった。ある時、御殿場での修養会の講師として招かれていたブルンナーに質問をした。「キリスト者の自分が家業の酒蔵を継いで良いものだろうか」。すると「心配はいらない。私は多くのスコッチウィスキーの社長を知っている。彼らは皆イギリスの教会で長老として大切な働きをしている」。この言葉に励まされ、家業を継ぐ決心をした。その夜、このやり取りを見ていた宣教師ヴォーリズから突然呼び出され「あなたは牧師になりなさい」と告げられた。しかしこの時には牧師になるつもりはなく、いつしかこの言葉を忘れ、それから40年、酒造りに励み、長老として石巻山城町教会に仕えた。

 60歳を過ぎ伝道者への召命が与えられた。その時ふと、40年前のヴォーリズの言葉を思い出した。神の摂理のもとで全てがつながった瞬間だった。親族の反対を押し切り家や蔵にあった神棚をすべて処分、毎年酒造りの最初に行っていた神事もやめた。代わりに牧師を招いて礼拝をささげてから酒造りを始めるようになった。それは今も続く。人生の後半を牧師として20年間教会に仕え、80歳を機に隠退教師となった。キリストとの出会いが平井さんの人生を決定づけた。この確信と喜びを胸にこの先も歩み続ける。

1933年石巻生まれ。隠退教師。現在は夫婦で石巻山城町教会の礼拝に出席。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友