インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4876号】世界宣教委員会 秋山総幹事就任に伴い委員長・書記新たに選出

2018年2月17日

 第3回世界宣教委員会が、1月5日に教団会議室を会場に開催された。

 冒頭に、前総会期に世界宣教委員を務めた鍋谷憲一牧師が1月3日に逝去したことが報告された。

 インドネシアのミナハサ福音キリスト教会と日本基督教団との宣教協約については、今回の公式訪問によって、将来の宣教協約に向けての覚え書きの承認がミナハサ福音キリスト教会の執行部との間で行われた事が報告された。

 主な協議事項は以下の通りである。

 2018年4月より、秋山徹世界宣教委員長の教団総幹事就任を受け、4月からの残りの任期、西之園路子書記が委員長に、近藤誠委員が書記に選出された。また特別に委員の補充は行わず、現在の委員で任期を全うする方向が確認された。

 川上寧宣教師・真咲宣教師からの「語学研修費」および「緊急費(急な引越が必要)」、佐々木良子宣教師からの「語学研修費」および「医療費」の補助申請に対し、「世界宣教の日」献金より各5万円の支援を行う。

 カナダ合同教会から教団の宣教のための指定献金があり、その一部を、日台、CCA(アジアキリスト教協議会)ユースミッション等への青年派遣のため、また教団総会で世界宣教に関する事前準備、翻訳、海外ゲストの送迎等を青年たちに手伝ってもらうための費用としてこの献金を用いる事を決定した。

 できるだけ広く派遣青年を推薦してもらうためにも、世界宣教のネットワーク作りが必要だと考えている。教区の世界宣教担当者を集める会議を行うことも検討していきたい。

 教団から北米西海岸に派遣されている宣教師たちを集めた「北米西海岸リトリート」は、2018年6月開催を目指している。

 宣教師人事に関しては、新たにユニオン日本語教会(アメリカ・ニューヨーク)へ上田容功教師を、台南神学院(台湾)へ高井ヘラー由紀姉を派遣することを可決し、それぞれの派遣式の日程、会場を調整した。(西之園路子報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan