【4869号】熊本・大分地震被災教会会堂等再建支援委員会 新たな補助金申請2件を承認

 9月5日、第3回熊本・大分地震被災教会会堂等再建支援委員会が教団会議室で開催された。今回は、梅崎浩二九州教区議長の陪席が適わず、文書によって現況が報告された。6月の現地視察の報告書も参考にして最新の現状を確認した。

 まず、建物修理が終了しているのは、大分地区は竹田教会、別府野口教会、熊本地区は熊本草葉町教会、錦ヶ丘教会(ただし、十字架塔は未着手)である。

 この度、補助金を申請したのは由布院教会と別府不老町教会。

 由布院教会は、既に工事は6月から始まり、現在進行中。クリスマス礼拝を新会堂で守ることを切望しており、11月末の最終支払いを前にしての補助金申請である。

 別府不老町教会は、8月に工事が始まり、来年2月中旬の完成予定。10年前に購入した隣接地と牧師館集会所建築の返済がまだ残っている中での新会堂建築に不安を覚えつつの決断とのことであった。

 それぞれの補助金申請を承認した。

 八代教会はヴォーリズ社の「耐震診断」では教会堂・牧師館とも「補修・補強が望まれる」とのこと。築85年の会堂は信仰的・文化的遺産でもあることから改築ではなく「補強」の方向を検討中である。

 隈府教会は、既に旧会堂は除去され、9月より新会堂の建築が始まっており、クリスマス頃の引き渡しを予定している。教会は、来年創立120周年を迎える。少人数ながら隈府の町の唯一のプロテスタント教会として新たな出発を願っている。

 諫早教会は、壁や天井の穴の修復は終わったが建物ひび割れ、剥離が残ったままで、今後、少しづつ修繕していかねばならない。

 その他の教会は、依然、業者の見積りも得られないところもあり、進展がない。

 11月上旬までにニュースレターを発行し募金を呼びかけることを確認した。募金総額は8月末で、8592万6958円。 (田中かおる報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友