【4863号】人ひととき 成田喜代司さん 命を見つめ続けて

 成田夫妻は日曜の朝礼拝前、道行く人に『こころの友』を配り、教会の存在を伝えている。

 産婦人科医として生きた喜代司さんは、「僕は二人の犠牲で生きているのです。一人はイエス様。もう一人は母です。結核に罹って、命が危ない、と言われていたのに、僕を産んで、3ヶ月で亡くなりました。僕は十字架の贖いを、そのことと重ねて考えさせられるのです」と語る。命を見つめ続ける務めにあったことに深い思いを抱き続けたことを感じさせられる言葉である。

 喜代司さんは順天堂大学医学部に合格。一人の教授に導かれ、日本ホーリネス教団小岩教会で受洗。その後、鳥取大学医学部に入学し、米子教会に出席する。東京・富士見町教会で受洗し、故郷の米子教会に出席していた由紀子さんとはここで出会い結婚、一男一女を授かった。博士号取得後、移住。広島・庄原教会に籍を置く。当時の笹尾清史牧師との家庭的な交わりに感謝をしている、とのことである。そして浜松の聖隷病院に移り、遠州教会に転会。約20年、産婦人科医として勤めた。

 その時にこう思っていた。「産まれる赤ちゃんが『オギャー』と泣く。そして精一杯『息』をする。それは神様の愛の聖霊をいただくことだと思うのです。私はそのことを、赤ちゃんのお母さんに伝えたいと、いつも思って医者をしていました」。

 一方でこうも言う。現職の時は「自分の力で生きている」と思い込んでいた。それは罪である。しかし引退後、病を患い、様々に神様のことを思わせられた。今、夫婦で穏やかに家庭礼拝ができ、教会での交わりが持てることを感謝したい。「『昔』医者だった」ということが用いられるなら、出来得る限り、教会員の相談に乗りたいと思っている、と語る。

1974年、庄原教会より遠州教会に転会。妻・由紀子さんと共に。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友