【4857・58号】▼部落解放センター運営委員会▲東谷運営委員長選出

 2月13日から2月14日まで、教団会議室において40回総会期第1回部落解放センター運営委員会が開催された。出席者は23名。開会礼拝では宮田誉夫運営委員がルカ8・43~48をテキストに「あなたは現場にとらえられたか」と題し説教した。

 センター運営委員長選任の件では、東谷誠前運営委員長から、10年間委員長を担ったので違う方を推薦してほしいとの要望があり、委員長選任について東谷委員が強く固辞し、1日目に決まらず、2日目朝選挙によって東谷運営委員が選ばれた。

 丹波二三夫さん医療費カンパの件が「『丹波さんを支える会』として事務扱いは解放センターが行い、呼びかけ人としてそれぞれが名前を連ねる」として承認された。各教区報告など様々な取り組みについての報告がなされた。第13回部落解放全国会議in北海道は、千歳栄光教会を会場に6月26日~28日 に開催。テーマは「今、アイヌモシリで差別を考える」、フィールドワークは平取町二風谷で、講演を萱野志朗さんにしていただく。東海教区報「人間大学」、東海教区運営委員派遣については今後も話し合っていく。「狭山事件」の再審要求を積極的に行う。万年筆のインクにより、警察の証拠がねつ造であると科学的に解明された。

 活動献金は、2017年1月31日現在で国内献金306万399円、目標額700万円。最近活動献金が非常に減っておりセンター活動にも支障をきたしてくるので委員会でも時間を取って話し合い、今後も継続とする。今年、ドイツEMSへ「国際EMSプロジェクト・ネットワーキング・フォーラム」(4月6日〜10日)に小林明主事を派遣する。
(平井克也報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友