【4855号】人ひととき 小泉 元生さん 洗礼は死装束

 爺さんが、霊南坂教会に小崎弘道牧師を引っ張っちゃったの」、日本キリスト教史に特筆されるべき出来事を我が事のように語る小泉元生さん。熊本バンド35人の一人、岡田松生を祖父に持つ。

 父が軍医で転勤が多かった家族は、1935年、元生さんが小学生の頃に鎌倉に移る。現在まで信仰生活を続ける鎌倉雪ノ下教会は、信徒が20~30名程であったそうだ。

 戦時中の弾圧が激しい時代、敗戦一週間前に「教会堂強制疎開」の命令により会堂を取り壊さざるを得なくなった。長老だった母の涙が記憶に残っているという。

 元生さんが洗礼を受けたのも戦禍が激しい1945年、兵学校に入る2週間前のことだった。「どうせ死ぬのだから、洗礼を受けて死ぬように」と母に言われたのだそうだ。「洗礼は死装束だった」と言う。

 戦後、教会には多くの人々が集い、大学に入り直した元生さんは教会学校の教師となった。大学卒業後、やるべきことが見いだせない時を過ごすが、教会の交わりを通して出会った絵画の先生に弟子入りする。現在では役員にまでなった「一水会」に所属、画家として生計を立てた。

 フランスの風景に心を打たれ、幾度となく訪れ、滞在もした。そのとき通った日本人キリスト者の集いは今も続いている。イタリアではキリスト教遺跡を歩いた。ドミネ・クォ・ヴァディス教会で、ローマを去るペトロに主イエスが「ローマへ再び十字架に架かりに行く」と語った場に立った時、自らも主イエスに出会ったような気持ちがしたという。

 放浪の旅のような歩みの中で、教会において豊かな交わりが与えられて来たことを振り返り、教会が、益々、人格的な交わりを生み出す場となってほしいと語る。
1928年1月1日生まれ。洋画家。鎌倉雪ノ下教会員。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友