【4854号】北関東伝道キャラバン ♦伝道推進室主催

伝道-私たちは何を信じ、何を伝えるのか

 2016年11月19日〜21日にかけて「北関東伝道キャラバン」が開催された。今回のキャラバンは、特に東日本大震災の被災から全面的な会堂再建を遂げた栃木県と群馬県の教会を覚える中で行われた。伝道推進室の7名の教職、また東京神学大学の神学生7名がそれぞれ派遣された。

 初日、キャラバン隊は第1陣と第2陣に分かれて東神大を出発した。第1陣は、まず宇都宮東伝道所でのトラクト配布を行った。第2陣の合流後、宇都宮教会において開会祈祷が行われた。その後、場所を宇都宮上町教会に移し、伝道推進室と栃木地区教師との懇談会が開催された。栃木地区の教会の現状が率直に分かち合われる時となった。

 翌日は、前記以外の5教会(上三川、塩谷一粒、伊勢崎、群馬町伝道所、原市)にも教職、神学生が派遣され、それぞれ主の日の礼拝がささげられた。夕方からは、深井智朗教授(東洋英和女学院)による講演会が開催された。「伝道-私たちは何を信じ、何を伝えるのか」との講演を通して、61名の参加者がそれぞれ伝道への意欲を駆り立てられた。

 最終日は、塩谷一粒教会でのトラクト配布、また、上三川幼児園とみふみ認定子ども園で子どもたちとの交わりを持った。最後の閉会祈祷では、参加者全員が与えられた恵みを分かち合い、祈りをささげた。「わたしがあなたと共にいる。…この町には、わたしの民が大勢いるからだ」(使徒言行録18章10節) との御言葉を改めて確信させられ、さらに伝道に燃える心を与えられるキャラバンとなった。
(木村太郎報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友