【4848号】人ひととき ジョージ・ジュングさん 抜群の日本語力と行動力 

 パソコンを使って、日本語を操る外国人は増えたが、東京・杉並の学生友愛会(SCF)主事補として、英語と日本語で「聖書を読む会」を受け持つジュングさんほどの、外国人の日本語使いは、それほど多くない。出会った人の誰もが、まず、その日本語にびっくりする。

 日本生まれでも、日本に留学した訳でもない。ジュングさんは、アフリカ・コンゴ民主共和国生まれのコンゴ人。8歳の時、父親が宣教師として米国に赴き、翌年、アフリカ・セネガル共和国の宣教兼務となったことから、ジュングさんも、米国とセネガルを行き来し、高3の時、米国に定住した。

 ボストンの高校から、ノースカロライナ大学に入学。外国語は3年間学んだが、日本語は第2専攻だった。大学4年の時、短期間だったが、名古屋を訪れる機会に恵まれ、日本への関心が高まった。

 ジュングさんは、建築設計の道を志して大学院に進んだが、「大学院に入ったら、学費が高くて続かず、1年で休学した」。

 そんな折り、米合同メソジスト教会(UMC)が日本派遣青年1名を募集していることを知って応募し、採用となったのも、抜群の日本語力があったからに違いない。昨年12月、26歳で日本にやって来た。任期は、来年6月までの1年半なので、中間点に来たところだ。

 SCFでは、聖書勉強会の他、日本語でのニューズ・レターの編集、コーヒーを飲みながら信仰を語り合う会などがあり、余暇に若手牧師らとサッカーを楽しむ。

 主事補としての仕事では、夏の若者とのキャンプも主事補の主要な仕事で、今夏、3つのキャンプを終え、インタビューした折りも、「来週は奥羽キャンプ」と意気軒昂だった。

George Ndjungu、1989年生まれ。学生キリスト教友愛会(SCF)主事補。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友