【4845・46号】荒野の声

 先日、近所のイタリアンレストランでランチメニューを食した折、前菜と次のピザとおいしく食べた。そして次にパスタ。白身魚フレークをソースにした塩味のパスタだった。▼いつもスパゲッティは何味であろうと粉チーズをかけてというのが習慣だったので、お願いした。すると店員曰く「白身魚のソースのパスタにはチーズが合いませんのでお出ししておりません。どうしてもということでしたらお出ししますが、いかがしますか」ときた。うーんなかなかポリシーのあるお店なのだ、と「どうしても」とは言えなかった。確かに麺を口にしてみると結構な塩味。これにチーズでは、塩辛いかもしれない。山と海は一緒にしないということなのかもしれない。▼シェフの料理に対する姿勢があろう。他方、客の好みもある。悩みどころである。たかが粉チーズ、この店でなくても他の店か、ご自宅でどうぞ、ということでもあろうか。都会ではイタリアンレストランも乱立気味だが、町に一軒だけだったら。トッピングは我慢して、パスタという本体を捨てずお腹を満たすことでよしとするか。教会も同じであろうか。守らなくてはならいことに賢くありたい。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友