インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4843号】在日大韓基督教会と日本基督教団との宣教協力委員会

2016年7月2日

 6月6~7日、熱海市・ニューウェルシティ湯河原にて、第49回在日大韓基督教会と日本基督教団との宣教協力委員会が、「両教会の宣教課題と宣教協力-両教会の教職人事と交流」のテーマのもとに開催された。

 在日大韓基督教会からは、金性済総会長、金必順副総会長、尹聖哲副総会長、趙永哲書記、金健副書記、鄭然元宣教委員長、金柄鎬総幹事が出席した。

 日本基督教団からは、石橋秀雄議長、佐々木美知夫副議長、雲然俊美書記、長崎哲夫総幹事、小橋孝一在日韓国朝鮮人連帯特設委員長、米倉美佐男宣教委員長、佐藤飛文歴史共同研究委員、山田貞夫歴史共同研究委員、加藤誠世界宣教幹事、大三島義孝宣教幹事、高田輝樹職員、井合綾子職員が出席した。

 1日目は金性済総会長の説教「沖に漕ぎ出し網を降しなさい」(ルカ5章1~11節)による開会礼拝の後、前回記録確認、両教会の紹介および課題の報告がなされた。

 その後、夕食をはさんで、金柄鎬総幹事と加藤誠世界宣教幹事が、両教団における韓国からの宣教師の受け入れ等に関わる諸課題について発題した。

 金総幹事は、在日大韓基督教会(教会数99)の牧師92名中44名が韓国からの宣教師であることを報告したほか、日本基督教団との牧師人事交流に関する課題を述べた。

 加藤世界宣教幹事は、日本基督教団における他教団からの宣教師受け入れおよび教師転入手続きの説明と、それに伴う課題について述べた。

 2日目は、発題を受けての質疑と意見交換が活発になされ、両教団が今後具体的に取り組むべき事項について協議した。

 その後、「平和メッセージ」の内容を協議したほか、2010年以来18回開催している歴史共同研究委員会を今後も継続することを確認した。

 最後に佐々木副議長の説教「神が行われたこと」(使徒14章21~28節)による閉会礼拝をもって終了した。(雲然俊美報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan