【4842号】教区総会報告2016年度2 教区固有の課題への取り組み

伝道資金活用について報告

関東教区

 第66回関東教区総会は5月16~17日、大宮ソニックシティ・小ホールを会場として開催された。開会時出席正議員272名中169名。

 議事の冒頭で按手・准允執行に関する件を取り上げ、主の委託に応えるべく正教師6名、補教師1名が新たに立てられた。教団総会議員選挙について「半数連記にしてほしい」との提案が出されたが賛成少数で否決、全数連記で選挙が行われた。

 「議長報告」により、秋山徹教区議長は特に昨年度から「関東教区に割り当てられる400万円余の伝道資金をどのように活用するか、各地区委員長を交えた配分検討委員会によって検討した結果、『教会協力費』のシステムを改定して、従来の申請額5万円の枠を外し、申請教会の自主性を重んじつつ各地区が対象教会を選定し、長期的な視野に立った伝道計画に基づいて申請をした教会にこの資金を当てることにした。この運用にあたって『ナルドの壺』献金による謝儀互助と重複しないようにする」と述べ、「2016年度関東教区活動方針」について意見交換がなされた。また「災害」復興支援報告、東北教区放射能問題支援対策室「いずみ」報告懇談を開催、教区の支援協力について理解を共有した。佐々木美知夫教団副議長の問安使挨拶では、特に「伝道資金規則」について質疑応答がなされた。

 各議案は協議を深めるため4つの分科会に回付され、その報告を受けて審議し、特に「秋季按手礼式」を巡って「例年出席が少ないので臨時教区総会を招集し、按手礼式を行ってほしい」、「教師任職の務めの意義を深く認識しつつ議論を重ねていきたい」等意見交換がなされた後、「『ナルドの壺献金』推進の件」、「『会堂・牧師館建設緊急貸出基金』献金推進の件」等可決された。「憲法改正に反対する件」については常置委員会付託となった。

 逝去者追悼礼拝では1年間に逝去された教職、信徒の名が朗読され、祈りに覚えられた。

教団総会議員選挙結果
【教職】秋山徹(上尾合同)、熊江秀一(新津)、栗原清(武蔵豊岡)、村田元(群馬町)、石橋秀雄(越谷)、島田進(日立)、疋田國磨呂(大宮)、田中かおる(安行)、小池正造(東新潟)、東野尚志(聖学院)、深谷春男(東京聖書学校吉川)、飯塚拓也(竜ヶ崎)、木村太郎(宇都宮)、最上光宏(所沢みくに)

【信徒】金刺英雄(上尾合同)、内田聖子(長岡)、豊川昭夫(越谷)、佐久間文雄(志木)、菊地愛(東中通)、國吉常喜與(宇都宮上町)、高崎道子(鹿沼)、和田直(日立)、勝野奉幸(大宮)、奥田幸平(埼玉新生)、半田香代子(原市)、山川秀人(聖学院)、滝川英子(七里)、黒田毅(武蔵豊岡)
(松本のぞみ報)

 

長田センター継続について議論

兵庫教区

 第70回兵庫教区総会は、5月15、16日、神戸栄光教会にて開催された。開会時正議員219名中166名が出席した。開会礼拝、組織会後、菅根信彦議長による議長報告が行われ、前年度教区総会の振り返り、「被災者生活支援・長田センターの働き」「合同のとらえなおしと実質化」「教師制度問題」「教師謝儀保障制度」「教区負担金の未収金問題」など、教区として継続していくべき重要な案件と、第40回教団総会に向けての課題などについて述べられた。

 また、宣教協約を結んでいる台湾基督長老教会高雄中会からのゲスト6名の挨拶を受け、今後の協約関係の進展への願いが共有された。

 夕食休憩後、今総会のテーマである「『合同』教会の宣教への使命と希望~互助・連帯の『さらなる』実質化をめざして~」に基づいた、久世そらち北海教区総会議長による基調講演が行われた。北海教区における互助・連帯の背景と現状を聴き、他教会の信徒の顔を我々は果たしてどれくらい知っているかという問いが出席者の胸に響いた。

 准允・按手執行議案が可決され、2日目午後、従来通り議長1名による准允3名、按手4名の准允・按手式が執行された。

 各委員選挙のほか、常置委員提案議案が挙手多数で可決されていく中、「『被災者生活支援・長田センター』の働き継続に関する件」「『合同』した一方の主体として、沖縄教区と『共同の重荷』を分かち合い宣教的連帯を深めるための取り組みをすすめる件」については、反対・賛成それぞれの意見が挙がり、議論が展開された。長田センターに関しては「震災から20年以上を経たのだから区切りをつけ、今後は災害救助センターと名称を変えるべき」との名称修正案が議場で出されたがセコンドがつかず、挙手多数で原案を可決した。また、「合同のとらえなおし」関連議案に関しては、基地や自衛隊配備の現状を巡り、「教会や教区として社会活動や政治活動に参加すべきではない」「これはいのちに関わる問題であり、聖書に『汝殺すなかれ』とある以上、教会が取り組む課題ではないか」と、最後まで議論は噛み合わなかったが、挙手多数で原案可決となった。

三役選挙結果
【議長】大仁田拓朗(鈴蘭台)、【副議長】東島勇人(兵庫松本通)、【書記】西脇正之(摂津三田)

常置委員選挙結果
【教職】菅根信彦(神戸)、小林聖(豊岡)、佃真人(宝塚)、古澤啓太(神戸東部)、塚本潤一(芦屋浜)、加藤俊英(北六甲)、山口義人(姫路)

【信徒】小笠原務(東灘)、森章一(神戸栄光)、宮本真希子(甲東)、紙田茉莉(塚口)、有森和可奈(北六甲)、津村正敏(明石)、東昌子(神戸北)

教団総会議員選挙結果
【教職】大仁田拓朗(鈴蘭台)、菅根信彦(神戸)、古澤啓太(神戸東部)、東島勇人(兵庫松本通)、竹内富久恵(神戸愛生)、佃真人(宝塚)、塚本潤一(芦屋浜)、手束正昭(高砂)、川﨑善三(姫路福音)、岡本知之(西宮)、上原智加子(須磨月見山)、横山順一(東神戸)、加藤俊英(北六甲)

【信徒】有森和可奈(北六甲)、柳谷舟子(甲南)、宮本真希子(甲東)、津村正敏(明石)、二宮満雄(西宮門戸)、小笠原務(東灘)、東昌子(神戸北)、中林成子(須磨月見山)、汐崎多々子(高砂)、古林清造(畦野)、合田稔(立花)、進藤啓介(東神戸)、愛原惇士郎(兵庫松本通)
(西脇正之報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友