【4841号】▼教師委員会▲岩手地区にて教師問安実施

 今期の教師委員会では、被災教師の問安を実施している。昨年10月の相双宮城南地区教師会と石巻山城町教会に引き続いて、4月25~26日に岩手地区の問安を実施した。今回の問安には、教師委員会6名が参加し、レンタカーで岩手の4教会の教師を問安した。

 25日、盛岡にある奥羽教区事務所を訪問し、邑原宗男教区議長、白戸清副議長、松浦裕介書記と懇談の時をもった。邑原議長が用意した資料によって、東日本大震災での教区の全般的な働きと共に、これから問安予定の教会の様子を聞いた。奥羽教区3役の配慮に感謝したい。教区事務所を出発して、2時間ほど車を走らせて、宮古教会の森分和基教師を問安した。宮古教会は併設の認定こども園とともに2015年10月に移転し、3月11日に献堂式を挙行した。森分教師は園長として新しい地でのこども園の働きに重点をおいて仕えている。

 26日は3教会を問安した。まず新生釜石教会の柳谷雄介教師を問安、大槌町の様子を案内してもらってから教会を訪れた。教会堂は津波の被害を受けた。教団内外の支援を得て無事に修繕がなされた。しかし、その間に教師はストレスからしばらくの休職が必要となった。震災のときだけではないが、教師の霊的ケアーが必要であることが語られた。次に大船渡教会の村谷正人教師を問安、教会堂は守られたが、村谷教師は4月に赴任予定を急遽はやめて赴任し、物資の置き場やボランティアの受け入れなどにあたった。現在も仮設住宅の訪問を継続している。最後に江刺教会の邑原宗男教師を問安、今年行われる会堂建築の経過について報告してもらった。教区議長として飛び回っているが、江刺教会での牧会伝道を喜びをもって語る姿が印象的であった。(大友英樹報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友