【4839・40号】人ひととき 小林 秀子さん 神様が整えてくださる

 横須賀に生まれて、結婚とともに逗子に。それからずっと逗子で生きてきた。モットーは、「神さまが整えてくださっている」ということ。

 御言葉に出会ったのは、子育ての真っ最中。子どもにちゃんと育ってほしいという願いから、横須賀学院小学校に娘を編入させた。その娘がきっかけで、逗子教会に出会った。

 逗子教会に通い始めた娘の様子を伺いに行ったところ、「逗子に住んでいるのだから、こちらへいらっしゃい」と、宮崎繁一牧師に誘われた一言は、今でも鮮やかに思い出す。そして、受洗を「永遠の命が与えられる」と熱心に勧められたことも。以来、逗子教会と共に歩んできた。

 子育ての悩みは、神に委ねることにした。子どもたちがけんかをしていた時、いつもとは違い、「右の頬を打つなら、左の頬を向けなさい」と御言葉を口にすると、子どもがピタリとけんかをやめた。「聖書の言葉は人間に通ずるのだ」との驚きは今も輝き、御言葉に聴く喜びと神を賛美することに生かされている。

 逗子教会と共に歩み、会計をはじめ、数々の奉仕に携わってきた。先達から受け継がれた教会奉仕の良い業は、心に残り光が灯される。その中で交わされた手紙や、聖句書道の色紙が手元に残る。既に「山路こえて」と葬儀で歌ってきた方々のものも多いが、手に触れるごとに信仰の姿を思い起こし、新たにされる。

 今、数ある奉仕の中でも、聖歌隊奉仕は声の出る限りなしたいと願う。以前よりも体は思うようにならないことが多い。それでも、御言葉に聴き、神を賛美すると、心が晴れやかになる。健康に気遣い、歌の訓練をし、礼拝に出席するとスッキリ整えられる。主はいつでも招いてくださる。「滅びの道ではなく、救いの道へといらっしゃい」と。

逗子教会員。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友