【4831号】エキュメニカル・ユース・ボランティア・プログラム 参加報告

 私は、2015年1月31日から7月31日まで日本基督教団世界宣教委員会を通じて、ドイツの連帯福音宣教会(EMS)が主催するエキュメニカル・ユース・ボランティア・プログラムに参加してきました。

 このボランティアでは、半年間ドイツでホームステイをさせてもらい、教会やその付帯施設などでワークをし、ドイツのキリスト教や、文化、言語について知る、ということが狙いとされていました。

 今回のこのボランティアには、私のほかにインド、インドネシア、ガーナ、タンザニア、南アフリカの5ヶ国から7人参加していました。それぞれに、シュトゥットガルトやシュパイヤーなどのドイツ南西部の街でホームステイをし、幼稚園や介護施設などの教会にかかわりのあるところでワークをしました。

 私は、6ヶ月間カールスルーエという街で主に牧師の家庭でホームステイをさせてもらい、教会付属の保育園でワークをするという生活をしてきました。保育園では主に1歳から3歳前半の子どもたちのクラスでお世話になりました。初めのうちは、言葉や、子どもとの距離感、先生とのコミュニケーションなどに苦労しましたが、多くの方にとてもよくしていただいて、楽しく子どもたちと遊び、たくさんの学びを得ることができました。

 また、私たちの生活は、主にそれぞれのステイ先でのボランティアワークでしたが、6ヶ月の間には3回のセミナーなどでボランティア同士、交流し、お互いの経験を分かち合うときもありました。

 セミナーでは自分が受けたカルチャーショックなどについて分かち合うときがあったのですが、異なった国から集まり、それぞれ異なった文化で生活をしてきた私たちは、同じドイツで生活をしていても、どんな違いにショックを受けたか、何が印象的だったかなど、感じていることはとても大きく異なっていました。

 今回のボランティアでは、ただドイツの文化などを学ぶだけではなく、ほかの人との「違い」をどのように受け入れていくかということも学ぶことができ、とても充実した6ヶ月間となりました。
(佐藤留緒記報/郡山教会員)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友