【4828号】日独教会青年交流 日独ユースミッション2015 教育委員会主催にて初めて受け入れ

 2015年8月7日〜17日に、ドイツより16〜19歳のユース9名、22歳のリーダーとM・プッペ教区議長の計11名のゲストを迎え、日本基督教団教育委員会主催(世界宣教委員会、伝道委員会、伝道推進室共催)による「日独ユースミッション2015」が開催された。

 ドイツゲストは、ベルリン=ブランデンブルク=シュレージシェ・オーバーラウジッツ福音主義教会の旧東ドイツ側にある、ヴィットシュトック・ルピン教区(教会地区)より派遣されている。

 初めてドイツから20名の青年たちが来日したのは、2002年夏。この時は、婦人会連合の有志による実行委員会が組織され、日独教会青年交流が持たれた。翌年には、日本から青年20名をドイツへ派遣している。その後も何度か相互に青年を送り合い、今回は初めて、日本基督教団の教育委員会主催で受け入れ開催をした。

 8月7日に銀座教会を会場に歓迎会が行われた後、ゲストたちは東京近郊のホストファミリーと共に週末を過ごし、主日礼拝に出席、各教会で交流が持たれた。10〜12日、彼らは関西へ向かい、京都・大阪・神戸に分かれてホームステイをし、観光や青年交流がそれぞれの地で持たれた。また、11日には、ゲスト全員で広島原爆ドームの見学、広島教会で語り部から体験談を聞く機会が与えられた。

 今回のユースミッションのハイライトは、13日〜15日に長野の信州バイブルキャンプで行われたリトリートであろう。

 ドイツゲスト、日本の中高生、数名の大学生、讃美やリトリートプログラムをリードしてくれた3名の神学生、サポートに加わってくれた牧師・信徒、実行委員を合わせ、40名強の参加者が集った。

 リトリートでは、3日目の礼拝に向け、青年たちが「讃美」、「祈り」、「劇」の3つのグループに分かれ、自分たちで考えながら礼拝の準備にあたった。英語・ドイツ語・日本語を交えて共に讃美し、共に祈り、共に御言葉に与るとても恵まれた時間を共有し、参加者は皆、言葉の壁を越えて、主の前にひとつとされる喜びを覚えた。

 16日には富士見町教会で歓送会が行われ、翌日、17日に別れを惜しみ、ドイツでの再会の時を望みつつ、ゲストたちは無事に旅立って行った。

 このユースミッションの背後には、日独双方の様々な人々の祈りがあり、支援があったことを感謝の内に覚える。

 「授業で習ったことがある広島を実際に訪ね、体験談を伺うこともできたことが一番印象に残った」と語ったドイツゲスト。去年、あるいは一昨年のユースミッションで出会ったホストファミリーや友人たちとの再会を喜ぶ日独双方のユース。

 「リトリートで同世代の青年たちと交流し、一緒にスポーツやハイキングを楽しんだり、礼拝準備のために真剣に話し合ったりできたことが良かった」、「英語があまり話せなかったけど、ドイツの人たちが笑顔で一生懸命、話を聞いてくれたことが嬉しかった」、「今度はドイツに行ってみたい!」、「楽しかった!」、「また会いたい!」、日独どちらの青年たちからも喜びに溢れた声が聞こえてきた。

 青年だけではなく、このユースミッションに関わったホストファミリーやスタッフたちも、この交流を通し、神様からたくさんの恵みをいただいた。

 歓送会の折り、ドイツのプッペ教区議長は、次のように挨拶した。「2017年に行われる宗教改革500周年記念行事に、日独の青年たちでひとつのグループとして参加したいと考えている。2017年は日本からドイツへ皆さんを招待したい」。

 単発ではなく、相互の交流が続けられていく。このことがこのユースミッションの魅力のひとつだと、関わった誰もが実感している。
(西之園路子報/「日独ユースミッション2015」実行委員)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友