【4821号】教会だけどエマオに行ってみたい

 エマオ笹屋敷(エマオ仙台が支援している地域)のビニールハウス(地域の方々が用意してくださった、エマオの休憩所、作業用資材置き場)にエマオ途上の絵が飾られている。日本基督教団が贈った絵だ。暗い顔をして歩く二人の弟子と、共に歩かれる復活の主イエス。

 この主を見つめながら、被災地の方々に寄り添う活動がなされつづけてきた。

 4月15日から18日まで、この地に出かけてボランティアに参加し、現場スタッフと交流の時を持った。

 私のボランティア活動では、草取りを30分するとその家の方に声をかけられて、1時間くらい休憩してお茶やアイスをご馳走になってお話をし、また30分作業をすると、声をかけられて休憩して1時間お話をするという楽しいボランティアの時となった。

 エマオ現地スタッフから感動的な話を聞いた。仮設住宅でエマオが行う「お茶っこ」に来てくださる方々から、「エマオに行ってみたい、教会に行ってみたい」との声が上がった。最初は聞き流していたが、その声が強くなって被災地支援センターのある東北教区センターエマオと隣の仙台青葉荘教会にお招きすることになった、とのこと。4月28日、仮設住宅から20名の方々が参加し仙台エマオで食事会、隣の仙台青葉荘教会でパイプオルガンとピアノの演奏会をし、素晴らしい会となったとの報告を受けた。

 4年間の活動を通して、エマオに、そして教会に興味を持ってくださったことを知って感動した。(教団総会議長 石橋秀雄)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友