【4817号】▼社会委員会▲ フィールドワークで得たことを教団全体に発信

 第39総会期第1回社会委員会が2月23日~24日、教団会議室で開催された。

 開会礼拝の後、組織会を行い、互選により、委員長に芳澤信、書記に加藤孔二を選任。委員は押川幸男、勇文人、森下耕、高承和、原田史郎(日本キリスト教社会事業同盟より派遣)である。

 諸報告がされ、特記すべきことは、ACTの要請に応え募っていたセルビア・ボスニア・ヘルツェゴビナ洪水被災者救援募金が送金されたこと、教団救援対策本部会議報告において、2015年3月31日で国内募金が終了、教団としての救援活動は2017年3月31日で終了することの2点である。

 今期委員会の方針と計画が協議され、前期申し送り事項に基づいて、フィールドワークと作業のバランスをとりながら行うこと、社会的課題を委員一人ひとり学習することを確認した。

 今年11月に在日大韓基督教会が主催で開催される「マイノリティー国際会議」の支援について協議し、200万円の全国募金を依頼することを決定した。

 関係委員会への派遣については、宣教委員会に委員長を送るほか、日本キリスト教社会事業同盟、日本キリスト教保育所同盟に各1名理事を送っている。日本キリスト教社会事業同盟からは1名の委員の受け入れを行っている。これからも各団体との関係を保ち、深めていきたいと願っている。社会委員会通信を発行し、フィールドワーク等で得られた事柄を、教団全体に発信していきたい。クリスマス献金をもとに実施している社会福祉施設への援助については、各教区より推薦された6施設に各12万円を送ることを決めた。

 第39総会期の活動日程を決めた。全国社会委員長会議は、2016年6月13日~14日に東京での開催を予定している。

 その他、社会委員会の使命に関わる事柄について協議し、意見を交換した。

 次回委員会は6月15日~17日に北海道で開催予定。(加藤孔二報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友