【4806号】人ひととき 國吉常喜與さん 教会は立ち帰る場所

 國吉さんは牧師の家庭に生まれ、「教会の子ども」として宇都宮で、小・中・高時代を過ごした。その後東京の大学に進学し、1967年から学生運動、労働組合運動に加わった。教会生活から離れた、空白の十数年だったという。

 この間に、同世代の学生や活動家の死に直面、命を与えてくださった神、育んでくれた教会への応答として教会生活に復帰した。学生時代に知り合った真理子さんと結婚。宇都宮上町教会で式を挙げた。真理子さんも洗礼を受け、それ以来40年、教会員、教会学校奉仕、現在は教会附属の学校法人みふみ学院理事長、みふみ幼稚園園長を務めている。

 「教会は立ち帰る場所」であり、教会の先輩たちから、「人生をやり直せ」と励まされ、34歳から役員を務めた。

 高齢の教会員の送迎、みふみ幼稚園の総務としての幼稚園送迎バスの運転も担当、やがて関東教区常置委員に選出された。

 2011年東日本大震災で教会堂が被災したため、毎月第4主日はカレー食堂のシェフを担い、売り上げを会堂建築資金に充てるようになった。また、教会学校や幼稚園のイベントの時は喜んで手伝うようにしている。「民が心を込めて働いた」(ネヘミヤ記4・6、口語訳)をモットーに「主のために働いて捧げる物を捧げよう。教会は主への喜びをお返しする所。皆に均等に接したい。美味しいものを食べてもらいたい。皆で楽しめるよう配慮している。喜びを共有することが楽しい」と語る。

 宇都宮上町教会は現在地域に進出している企業の方々、外国の人や若い方々が礼拝に集うようになった。みふみ幼稚園ヘルパー、教諭、子どもの両親、幼稚園関係者で洗礼を受ける人が次々起こされている。

 國吉さんは、「地域に開かれて、だれでも、いつでも来たくなるような教会になってほしい」と、新会堂建築の夢を語った。

栃木県生まれ、関東教区常置委員、宇都宮上町教会員。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友