【4796号】荒野の声

 子供ときの夢は何だったか、と質問を受けた。飛行機の操縦士と答えた。しかし、小学校に上がる頃から視力が弱くなり、操縦士は目が良くないとなれないと思い込み夢を断念した、と付加えた。質問はさらに、その後の夢は何だったか、と続いた。そこではたと困ってしまった。パイロットになりたいと幼心に素朴に夢を描いていたようには、断念して後、夢を描いてこなかったことにはじめて思い至ったからだ。▼幼いときの夢を粘り強く実現する人生もあるだろう。しかし、いくつもの断念と挫折の中で歩む人生は多いのではなかろうか。震災後、多くの夢が断念されたことであろう。その声に世界の教会が耳を傾け、祈りを合わせた。被災した人々のどれほどの夢が断たれたことであろうか。そこから再び夢を描けるであろうか。頑張れの掛け声だけでは夢は描けない。▼「幻がなければ民は堕落する」(箴言29・18)とは、伝道について学び合うグループで示された御言葉だった。「預言がなければ民はわがままにふるまう」(口語訳)とも訳されている。御言葉により自らを啓示される神がビジョンを示されるということであろう。▼地震によっても、津波、原発によろうとも、時代がどのように変転しようと堅固な基礎が既に据えられていることを御言葉により覚えなくてはならない。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友