【4792号】荒野の声

 インフルエンザの流行に注意する旨、幼稚園に連絡が入った。ところがその流行地域の地図を見ると教会、幼稚園の建っている地域だけ色が薄い。注意、警戒の地域となっていない。▼我が園は、毎年、流行の全盛から2、3週間遅れでピークを迎えることが多い。まだ数人の発症だ。卒園式まで1ヶ月以上あるが、流行が重ならないよう願うばかりだ。うちだけはだいじょうぶという訳にはいかない。▼教団という教会の一部でも秩序が壊されてしまっているなら、各個教会がどんなに健全に伝道し教会建設を続けているとしても、健全と思われるこの教会も秩序が壊れてしまっていることを覚えなくてはならない。▼洗礼を授けてくれた牧師が戒規のことを教えてくれた。信徒としてかつて属した教会で執行された戒規のことだった。戒規を受けた教会員が戒規の解かれるまで毎主日の礼拝で会衆席の最前列に座り礼拝を守り続けた姿に教えられた、と言うのである。戒規は悔い改めに至らなくてはならない。▼聖餐の折に告げられる「かえりみて、おのおの罪を悔い改めなければならない」を真剣に聞いている、と語る信徒がいる。十字架に裂かれ流されたキリストの体と血とに与る。真実な悔い改めがないならば、その恵みはどれほど軽んじられることになろうか。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友