【4573号】海外宣教を支え祈る 世界宣教協力委員会

第34総会期第一回世界宣教協力委員会が、去る二月四日、教団会議室において開催された。今期の委員は大宮溥、上内鏡子、木下宣世、小橋恵子、相良真彦、友川栄、村山盛芳の七名である。
まず委員会の組織がなされ、委員長に大宮溥、書記に木下宣世、実務委員に村山盛芳が選ばれた。
今期の委員の顔ぶれは新しく選ばれた人が多かったので、この委員会の役割や取扱う事項についての説明を受けながら十四項目にわたる報告を主として上田博子担当幹事より聞いた。
新委員の人たちは当委員会が多岐にわたる多くの事柄にたずさわっていることに改めて驚き、責任の重さを感じさせられた様子であった。
昼食後、協議に入り、まずスイス協約委員会の委員に鈴木重正、中道基夫、廣石望の三名を選び、台湾協約委員に大宮溥、村山盛芳、李孟哲の三名を選んだ。
その後、海外に派遣している宣教師の方々の辞任に伴う人事の件や、日本の任地に海外からの宣教師を受け入れる件等を協議した。
その中で特に覚えて祈ってもらいたいことは、サンパウロ福音教会に派遣されている小井沼國光宣教師が難病にかかられたことである。
そのため同師は昨年十一月に帰国され、検査を受けてこられた。
その他、以前からの引継ぎ事項である「常議員会よりの回付議案に関する件」(教団の世界宣教の姿勢に関する件)についても協議した。その結果、継続して作業を進めていくこととなった。
なお、今回の委員会には海外へ派遣された宣教師からの年度報告書が寄せられ、それぞれの宣教師の現地における働きの様子や生活ぶりがよくわかり有益であった。
委員会としては各委員が手分けしてこの年度報告書に対する返書を出すこととした。
最後に海外に派遣されている宣教師、海外から日本に派遣されている宣教師の働きに対し、神の導きを祈って閉会とした。
(木下宣世報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友