インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4573号】灯を消すことのないよう祈り支える 中越地震・再建支援委員会

2005年3月5日

一月三一日、強い寒波襲来の中、関東教区三役の案内で「新潟県中越地震」被災五教会を訪問した。長岡駅に集合、車三台に分乗し、長岡教会から訪問を開始した。一台は十日町教会ボランティアセンターの車で、新井純牧師が一日同行して下さった。参加者は全員太平洋側の居住者。雪国新潟でも豪雪地の雪に驚かされながらの訪問となった。
各教会の牧師・信徒の方々から被害状況を伺うと共に建物を見学し、委員会の果たす役割の重さをひしひしと思わされた。各教会及び付属施設の被害程度は夫々だが、建物の復興のみならず、この困難な時に教会がそれぞれの地域で良き働きをされ、証をされたその灯を消すことのないよう皆で祈り支え合いたいと思った。
十日町教会ボランティアセンターの活動は今なお継続中である。奉仕される方々の健康を心からお祈りし、一日も早い再建・復興を共に成し遂げたいと願うものである。
翌二月一日は、十日町教会で第二回委員会が開かれた。事務局より第一報として、「新潟県中越地震被災教会会堂等再建支援のお願い」を各教会五部ずつ発送したとの報告を受け、今後当委員会のアピールをどのようにするかについて以下のような話し合いがなされた。
▽三月中旬を目処に、発足から支援の具体的内容、実状等を知らせる「委員会ニュース」を作成し、各教会へ配布する。
▽アピールは関東教区と別個に行うのではなく連携して行う方が良い。
▽関東教区では、これから順次開催される各教区総会へ、代表者を派遣したいとのことなので、その代表者に当再建支援委員会の文書を託すことを考える。
その他、「新潟県中越地震」に関する募金は現在のところ窓口が三つあるが、募金に対する信頼を損なわないためにも、常議員会に逐次会計報告を提出すること、各個教会へ配布するかどうかについては後日検討することが話し合われた。
(朝岡瑞子報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan