インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4581号】人ひととき 森 民代さん

2005年6月25日

必要なものは与えられる

必要なものは、主が与えてくださる。それが、民代さんが信じてきたことだし、事実、これまでもそうだった。
民代さんの父、森敬造氏は関西学院に学んだメソジスト教会の牧師だった。必ず民主主義の時代が来ると三番目の娘に民代と名付けた。父の転任に伴い、家族も石川、愛知、愛媛と住まいを移った。戦争となり四年ごとの転任がなくなる。民代さんは、三瓶教会で小学生から高校生までを過ごし、父と母が教会に仕える姿を間近に見てゆく。父は伝道一筋の牧師だった。
終戦後、女学校を卒業した民代さんは、姉の学んだ東洋英和女学院に進みたかったが道が開かれなかった。東京・府中に開校された生活指導学校へ社会福祉主事になるべく進学した。
父は、娘たちに職業に就くことを強く勧めた。二人の姉は、それぞれに栄養士、幼稚園教諭となっていた。民代さんに与えられたのは幼稚園助手としての働きだった。二百名の園児が通ってくる大きな園で、宗教色はなかった。教会の中で育ってきた民代さんにはショックなことも多かったと言う。
助手としての仕事を続けながら、一九五四年に開設された原宿高等保育学校の一回生として学び、幼稚園教諭の資格を取得した。この学校での、キリスト教保育を志す仲間たちとの出会いは新鮮だった。
資格取得後、教会付属の南部坂幼稚園が教師募集していることを知り転職した。十分の一の園児数には驚いたが、聖書の言葉が通じる働き場が嬉しかった。園長の婦人牧師と共に懸命に園を運営した。神様のため、教会の幼稚園のため、子供たちに御言葉を伝えるためにここで働いているのだからとの思いに支えられたと言う。今、園児数は定員一杯にまで増えた。
この三月に四五年の働きを終えて、後任の園長にバトンを渡した。これからは、幼稚園委員会委員長として幼稚園を背後から支えてゆくことになる。

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan