【4587号】教区コラム 東京教区

今年度の東京教区の取り組み
木下宣世

二〇〇五年度、東京教区が特に力を入れて取組もうとしていることがある。
それは教区内の教会・伝道所に対する助成制度の整備に関することである。
これまで東京教区には「教会強化のための支援要網」というものがあった。これは比較的短期間に自立する可能性のある教会を対象としたもので、例えばこの支援により教師がアルバイト等から解放され、牧会・伝道に専念できれば教会の強化につながるのではないか、というのが当初の意図であった。
しかし、この要網が実施されたのは一九六九年であり、その後起こった長期に亘る紛争のため実際にはこの要網は有効に機能することはなかった。
また、今日となってみると時代の変化により、実情に合わない面も出てきている。
そこで、この要網を見直し、今日の実情に合ったものを作ろうというわけである。
加えて東京教区には「教会設立および伝道所開設等の審査基準-内規」というものもあるがこれも前記要網と密接な関わりがあるので、この際両者を合わせて検討し、新しい制度を求めていこうと考えたのである。
そのため、この度「教会設立および伝道所開設等の審査基準」ならびに「教会強化のための支援要網」検討委員会、が設けられた。
教区内諸教会の強化につながる良い制度の誕生が期待される。
(東京教区総会副議長)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友