【4590号】「信仰の原点に立つ」をテーマに 信徒の友セミナー

去る九月六日から八日、長崎県佐世保市のハウステンボスを会場にして第二三回信徒の友セミナーが開催された。これまで関西以西で行われたことが少なかったこともあって、長崎を会場としての開催となった。
数日前より台風一四号の進路が心配されていたが、ちょうど開催日程に九州直撃となり、参加者、内容とも大きな影響を受けることとなった。
今回のテーマには「信仰の原点に立つ」を掲げた。キリシタンの信仰の歴史に触れながら、今一度現在の私たちの信仰を顧み、新たな福音の力にあずかることを願って、講師として皆川達夫氏、森禮子氏、小島誠志牧師、今橋朗牧師に依頼し、さらに地元から福井博文牧師と末瀬昌和牧師にも協力をいただくこととした。
折からの台風のため、初日の講演を予定していた皆川氏は長崎に来ることができず、福岡から駆けつけてくださっていた森禮子氏が、急遽初日と二日目の二回講演をしてくださった。
まず森氏は、長年取り組んできたキリシタンの歴史調査から、当時の歴史の全体像と特に日本人として初穂となった人々について講演した。
二日目には、著書『神父ド・ロの冒険』にも記されているド・ロ神父の人となり、信仰、またその働きについて親しく語った。
台風一過晴天となったこの日、福岡に足止めされていた人や飛行機で駆けつけた人が次々に加わり、予定していた外海地方へのバスツアーに共に出かけた。午前中に聞いたド・ロ神父がこの地で生涯生活を共にした歴史に実際に触れ、また『沈黙』の舞台である同地に建てられている、遠藤周作文学館も訪ねることができた。
夕べには今橋朗牧師の指導によって、キリシタンの人々も歌った典礼歌の歴史と信仰に触れながら、楽しい賛美の時、祈りの時を過ごした。
最終日には小島牧師によって、アブラハムの信仰から弱さを抱えている人間こそ、恵みによって信仰生活に導かれていることを改めて教えられた。最後に、氏のハーモニカ演奏を聴く幸いも得た。
台風の直撃を受け、三〇名ほどがやむなくキャンセルとなったが、地元の末瀬牧師、福井牧師の多大な協力をいただき、七〇名ほどの参加者を与えられ、無事終了できたことはまことに感謝であった。参加できた方々にとっては嵐の中での忘れ得ぬセミナーとなったことであろう。
(古屋治雄報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友