インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4590号】キリスト教教育主事認定試験について協議 第三回教育委員会

2005年11月5日

第三回教育委員会は一〇月三、四日に教団会議室で委員七名の出席で行われた。主な協議と報告事項。

(1)キリスト教教育主事の件 ①第四五回「キリスト教教育主事」認定試験公告を教団新報に掲載するために内容を確認し可決した。②教規で規定されている聖和大学以外の国内の大学出身者で「キリスト教教育主事」認定試験受験を希望する方が存在する現実をふまえて協議し、今後検討する必要があることを確認した。③「キリスト教教育主事」リーフレット発行について、イラストとレイアウトをお願いしている石橋えり子氏に陪席していただき、新しいリーフレットの説明を受けた。
(2)クリスマスに関する件①二〇〇四年度全国教会学校クリスマス献金報告 ペシャワール会、カリヨン子どもセンターへは九月に贈呈、アイヌ奨学金はクリスマスまでに贈呈することとなっている。②二〇〇五年度全国教会学校クリスマス献金 献金先として、「新潟県中越地震」被災教会会堂等再建支援委員会、スマトラ島沖地震の被災者を覚えてACT(Action by Churches Together 本部スイス)、アイヌ奨学金キリスト教協力会、以上の三ヵ所に決定。献金目標は一、二〇〇万円。前回委員会で献金先の一つにスマトラ島沖地震の被災者のための施設が決定され、担当者が適切なルートを探した結果、世界各地での緊急支援のための活動を行っているACTを通して献金することが適当であると判断した。ACTは、WCC(世界教会協議会)とLWF(ルーテル世界連盟)によって作られた組織で日本基督教団も関わっている。
(3)教区担当者会 二〇〇六年二月六、七日開催。主題「多様化する教会教育」。二日間のスケジュールと担当者を決定した。報告と協議を通して教区間の交わりを深める良い機会であるので、全教区から参加者が与えられるように願いつつ進めてゆきたい。その他「教師の友」が発行予定の聖句カードについて派遣委員より報告を聞き、教会教育プログラムを作成している教育委員会としての費用負担について話し合いを行った。     (加藤誠報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan