【4603号】荒野の声

▼右肘痛で苦しんでいる。利き腕だから、日常のあらゆる所作で悲鳴を上げる。それ程に痛い。寝返りを打つ時に、自然、布団を持ち上げる、その度に激痛が走る。当然目が覚める。目が覚めると、自然、いろいろとよもやまごとを考えて寝付けない。当然、寝不足になる。困ったことだ。▼ビンのふたをねじっただけで激痛。そこで工夫をする。左手を支えに、右手でねじる。痛い。逆にする。もっと痛い。意外な発見をする。誰もが、利き腕ではない方で支え、利き腕で細工する。ところが、利き腕よりも、そうではない方に力がかかっているのだ。▼ここまでパソコンを打っていたら、右手に激痛、ところで…左手は別に痛まない。と思った瞬間、左手の肘に違和感が。▼当たり前のことだが、左右の肘のどちらがより重要ということはないだろう。互いに支え合い、協力し合い…あまりに当たり前過ぎて、理屈にもならないか。▼ところで、何故右肘だけが痛むのか、右肘だけを酷使する、偏った仕事をして来た。そういうことだろう。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友