インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4603号】「川上善子先生を支える会」からのお願い

2006年5月27日

今年のはじめ一月十九日の朝八時半頃、大久保教会の牧師館が、隣家から出た出火によって延焼しました。幸い主任牧師川上善子先生と担任教師川上朝恵先生は、近隣の人たちの助けもあって、無事でしたが、お住まいを完全に失うことになりました。
大久保教会は、主日の礼拝だけは、近くの矯風会館を借りていますが、その他の活動は、牧師館である川上先生方のお宅を中心に行ってきました。ですから、今回の被災で、大久保教会は教会の伝道活動の拠点を失った状態になりました。
被災状況を知った東京教区北支区、矯風会をはじめ、婦人会連合関係の方々など、川上先生方と交わりのある諸団体・学校が、いち早く支援の手を差し伸べて下さり、お支え下さっております。
これらの支援活動に加えて、川上善子先生の神学校(東京神学大学)時代の同級生有志で、さらに支援の輪を広げようと、「川上善子先生を支える会」を立ち上げました。この会は、同級生川上善子先生を支える支援会であると同時に、大久保教会の伝道活動の回復をも祈り支えることを目的とした支援会でもあります。
大久保教会の牧師館であった川上先生方のお住まいは、借家であったために、被災以降の立ち退きを余儀なくされました。また、火災保険は一切おりる見通しはありません。そのような状況の下で、教会活動を続けながら、懸命に新居を探されて、四月からは、前の牧師館に近いところに、新しい住まいを定められました。
また、被災したときに、家財道具や教会関係の物品、書籍、パソコンなどは、ほとんどが使用不能となりました。さらに、川上朝恵先生は、数年前から病気療養中であられ、そのための医療・介護用品などの買い換えも必要です。新居に必要となった資金も含めた、費用の一切を考えますと、かなりの額が必要となります。
そこで、わたしたちは、「七百万円」という支援金の目標額を掲げました。すでに多くの支援団体が、支援を続けて下さっておられることと思いますが、どうか、わたしたちの支援活動をも、その中に加えていただき、ご協力を得られれば幸いです。
◎支援金の振込先は、
口座名「川上善子先生を支える会」
口座番号「001800778881」
(恐れ入りますが手数料はご負担願います)
◎問い合わせは、
道家紀一(井草教会内 TEL03-3395-3026)にお願いします。

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan