【4608・09号】「ユースミッション」を全面的に支援 第五回教育委員会

第34総会期第五回教育委員会が六月二二日、二三日の両日教団会議室で行われた。主な報告と協議は以下の通りである。
(1)クリスマス献金に関する件 ①二〇〇五年度分送金先である「新潟県中越地震」被災教会会堂等支援委員会、「スマトラ島沖地震」、「アイヌ奨学金」の三カ所の献金額を決定した。②二〇〇六年度の献金は国内では「アイヌ奨学金」とアジア学院、国外では南インド教会の「少女プログラム」とインドの「ダリット支援プロジェクト」のために募る。
(2)「ユースミッション2006」に関する件 ①真壁巌委員より実行委員会の報告を受ける。②教育委員会が各教区二名まで往復一万円を超える分の交通費を負担する。③全体プログラム及び青年カンファレンスのスケジュールを確認した。
(3)キリスト教教育主事に関する件 ①宮田登貴子委員より第四五回キリスト教教育主事認定試験受験者五名全員が合格者として承認され、合格証が発行された報告を受けた。②二〇〇六年度新任教師オリエンテーションに三名のキリスト教教育主事が参加予定のため、岸憲秀委員長が参加し教育主事のためのオリエンテーションの時間を持つ。
(4)第35回教団総会へ提出の報告書作成に関して 今総会期の活動と申し送り事項を委員全員で確認し、報告書は委員長が書く。
教育委員会は実務委員会であり、扱う内容は多い。通常の小委員会だけでも「教師の友」プログラム委員会、クリスマス小委員会、キリスト教教育主事認定試験担当者会の三つを数える。今年はさらに「ユースミッション2006」が加わり、岸委員長が実行委員長になった。長年の願いであった教会青年たちによる「ユースミッション2006」を教育委員会は全面的にバックアップしていくこととした。
(加藤誠報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友