インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4610号】「信教の自由」について協議 靖国天皇制問題小委員会

2006年9月16日

今総会期第四回目の「靖国・天皇制問題小委員会」が七月四日と五日と教団会議室で行われた。
村田元委員長が欠席のため村田委員長の指名で須賀誠二委員が司会を担当した。
今回の委員会では、国際基督教大学教授の森本あんり氏に「信教の自由と憲法-アメリカの歴史的実験に学ぶ」という講演をしていただき、靖国問題、靖国問題から見た憲法改正の動向、宗教に関する判例の読み方、さらには宗教団体と国家との関係の背景となる「信教の自由」の問題について協議を行った。
「宗教的寛容」と「信教の自由」との関係と違い、また「政教分離」と「信教の自由」との違いなどを明確に、歴史的に説明していただき、靖国問題や憲法改正における宗教問題、あるいは最近盛んに論じられている愛国心について考える場合に必要なスキルを与えていただいた。
行動や運動、批判のためにはまず正しい理解が必要であり、その意味では有意義な講演であり、今後社会委員会通信などで内容を紹介して行くことにした。
協議事項では、今総会期のまとめと次期総会期への申し送り事項の検討、NCC作成の「国家による追悼は、なぜ問題なのか」というパンフレットの取り扱いの検討、次回の委員会を九月に行うことなどを決定した。なお次回の委員会では国立追悼施設問題について講師を招いて検討することにした。
(深井智朗報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan