【4621号】荒野の声

▼バラ、リンゴ、漢字で書ける人は少ない。ぼんやり字面が浮かんでも、正確ではない。正しく記す人は、辞書を見て書いたか、一端ワープロで打つかしたのだろう。▼一方で、漢字検定が流行している。薔薇も林檎も憂鬱も、スラスラ書いてしまう。憶えた時の達成感は、他のどんなことにも優ると、漢字マニアは言う。▼『綴り字のシーズン…創元文庫』は、漢字検定の英語版だ。正しくは、英語の方が遙かに歴史が古い。ユダヤ教神秘主義者の父が、娘に天賦の才を発見、コンテスト全国一位を目差して熾烈な特訓をする。綴りと一体化した時、神秘に与ることが出来ると信じて。▼パソコン検索で、何でも出来る。ために漢字を忘れてしまう。聖句も検索、ほんの小さい手かがりで、たちどころに検索可能。聖書を殆ど忘れてしまうかも知れない。▼使徒パウロの聖書引用は、必ずしも正確ではない。辞書もなければ、聖書も簡単には携帯できないのだから無理もない。不正確、自由自在に引用していることに、むしろ並大抵ではない信仰の深さを見る。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友