インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4625・26号】教区コラム 関東教区

2007年4月28日

喜び、祈り、感謝
三浦 修

二〇〇四年十月二三日夕刻に発生した「新潟県中越地震」からはや二年半が過ぎようとしています。今年一月二九日・三〇日に開催された常議員会で新しく選任された教団の「新潟県中越地震」被災教会会堂等再建支援委員会の方々と関東教区の支援委員会のメ
ンバーとの合同会議が開催されました。席上、見附教会と小出教会の諸般の事情による土地購入の一部代金(二千万円)を加え全国募金目標額一億五千万円を一億八千万円に増額して欲しい旨を、関東教区よりお願いしました。
此の合同会議の詳細は三月三日付発行の教団新報に報告されていますが増額提案は七月の常議員会で審議されます。いづれにしましても、教団の再建支援委員会が関東教区に寄り添って下さる姿勢に大いに励まされ感謝致しております。
私は第五七回関東教区総会時(五月二八日・二九日)の議長報告で以下の事を訴えます。
『第五六回関東教区総会の集中審議案は「新潟県中越地震」被災教会・被災地支援推進に関する件でした。特に教団の全国募金(目標額一億五千万円)の半額七千五百万円を教区の募金目標として取り組む事が提案され、質疑応答の後、正議員一五九名中、一四三名の賛成多数により可決されました。七千五百万円の目標額達成の為には、議場でお願いしましたように夫々の経常収入額の八パーセントを、二年間を目途にお献げ下さい』と。全国の皆様、引続き御加祷をお願い致します。
(関東教区総会議長)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan