【4627号】議長総括巡り盛んに意見のやりとり 北海

第67回北海教区定期総会は、四月三〇日(月)から五月一日(火)まで、札幌教会を会場に行われた。まず、開会礼拝では、高橋眞衣子(余市)、髙塚和彦(江差)の按手礼式と、清水明次(札幌北光)の准允式が執行された。
議事冒頭の議長総括では、特に次の三箇所について盛んな意見のやり取りが行われた。
すなわち、①前年度の教職講座で聖餐をめぐる学びを行ったことに関連して、排他的、対立的に論議するのではなく、さまざまな角度から聖餐を考える場が保障されることが大切であること、②「合同のとらえ直し」に関連して、教団信仰告白再検討の課題がある以上は、教団執行部が信条主義的に教団を一元化しようとすれば、合同教会としての教団形成を断念していると受けとめられかねないこと、③第35回教団総会の議長総括報告で過去四〇年間の教団の歩みを「荒野の四〇年」とし、十二項目からなる問題点を挙げたことと関連して、北海教区は不十分ながら時代の宣教の使命を担うことをめざして、苦闘してきたゆえにそのような総括を受け入れられないこと、である。結果的に、議場は拍手をもって議長総括を了承した。
二〇〇六年度教務関係報告、各部各委員会並びにその他報告が承認されると共に、歳入歳出決算、教区宣教方針に基づく二〇〇七年度活動計画案、歳入歳出予算案(付分担金配分)、教職謝儀基準改定案が、分科会での審議を経て、原案どおり承認・可決された。
特別決議は「教区機構および財政の改変に向けての作業の継続に関する件」、「アイヌ民族の権利を回復する運動の推進決議に関する件」、「『指紋押捺』の入管法施行、入管法再改悪・外登法改悪に反対し抜本改正を求めることに関する件」の三つが可決された。
このうち最初のものは、前年度の総会で決議された①二〇〇七年度総会への具体的改変案の提案、②二〇〇八年度からの実施、に基づき機構財政検討委員会が作成した改変原案について、なお教区内に意見の相違が残っていることを踏まえ、作業を継続し、取り組みを進めるための決議である。
教区総会議長、副議長、書記選挙が行われ、それぞれ西岡昌一郎(旭川六条)、久世そらち(札幌北部)、西岡裕芳(月寒)を再選した。
教区常置委員選挙結果
(半数改選、任期二年)
【教職】安部一徳(厚別)、後宮敬爾(札幌北光)
【信徒】荒木とみえ(岩見沢)、稲垣正策(函館千歳)
(西岡裕芳報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友