【4631号】第1回スイス協約委員会開催 伊藤瑞男委員長、廣石望書記選出

第35総会期第一回スイス協約委員会が、二〇〇七年六月七日、教団会議室で開催された。今期委員は伊藤瑞男(静岡教会)、廣石望(フェリス女学院大学)、ダーヴィト・ヴィダー(関西学院大学)の三名である。互選により委員長に伊藤氏を、書記に廣石を選出した。
報告としては、去る二〇〇六年十一月十六日から二〇日、スイス国バーゼルおよびベルンで「God’s
Migrating People」を総合主題に開催された「スイス・韓国・日本三国間教会協議会」の実施報告がなされた。
日本側の代表団には本委員会より廣石望、ダーヴィト・ヴィダー、上田博子(教団担当幹事)の三氏に加えて、大津恵子(前「女性の家HELP」ディレクター)および土井桂子(前在日韓国朝鮮人・日韓連帯特別委員会委員)の両氏の計五名が参加した。スイス側はスイス・プロテスタント教会連合(SEK)とミッション21が、韓国側では韓国基督長老教会(PROK)と大韓イエス教長老会(PCK)の二教会がそれぞれ代表団を派遣した。これにドイツ福音主義教会(EKD)および南西ドイツ宣教会(EMS)の代表者や学識経験者も加わり、移住労働者や移民・難民の諸問題をめぐり聖書、社会、教会および倫理の視点から研究発表と討論を行った。さらにスイス政府の入国管理施設での現地研修、二国間協議、ベルンの韓国語教会での主日礼拝、ホームステイなどの多彩なプログラムが実施されたことについて報告された。
議事としては、この協議会の次回開催について協議した。その結果、前回協議会からの要望に応えて、「平和」を主題として二〇〇九~二〇一一年の間に日本で行うこと、韓国協約委員会との共催で行うことを同委員会に提案すること、また、この趣旨をミッション21総会(六月下旬)で先方に報告すること、が可決された。(廣石望報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友