【4634号】多様性

教区総会や常議員会はじめ教団のいろいろな会合で耳にする言葉の一つに「多様性」がある。
合同教会たる教団としてキーワードの「多様性」があるのは当然といえば当然だろう。
しかし、よく考えてみよう。この言葉は「なんでもあり」の同義語ではない。多様性とは信仰的一致の中から生ずる恵みの果実なのだ。
「信仰は一つ、証しは多様」という言葉こそ教団の合言葉だ。信仰告白においては一致している。そして証しはまさに多様で「いずれにせよ、わたしたちは到達したところに基づいて進むべきです」(フィリピ3章16節)となるのであろう。
しかし、ややもすれば「信仰は多様、証しは一つ」になりかねない。復活を信じなくてもいい、でも「キリスト者ならこの政治社会的課題に反対すべきだ」ときめつける。かくして画一化がおこる。
一致と画一化と区別せねばならぬように、多様性と分裂の相違にも注意せねばならぬのではないか。
多様性といっているが、実は信仰の不一致ゆえに殆んど分裂状態を来たらせていることに無感覚であってはならない。
多様性という言葉もかくして丁寧に用いなくてはならない。教団の信仰告白という垂直の線、タテ軸に貫かれてこそ、水平の線、ヨコ軸としての多様性の豊かさを享受していく。これは偏狭な教条主義者が口にするタワゴトだと言えるのだろうか。
(教団総会議長 山北宣久)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友