【4635号】要望書

2007年7月18日
日本基督教団 常議員会 御中
宣教委員会
委員長 高橋 潤
要 望 書
第35総会期宣教委員会は、7月17~18日第2回宣教委員会を開催し、「常議員会報告」として、2007年7月9日常議員会に於いて北村慈郎常議員が「聖餐について」発題した内容について報告を受け、常議員会に、次のように要望いたします。
北村慈郎常議員は、自身が責任を持つ紅葉坂教会における具体的な事例として、未受洗者にも聖餐に与らせるということを自覚的に行っているとの発言をし、その上で教団に於ける「多様性があってもよい」として、未受洗者への配餐をも容認すべきことを求めました。
聖餐は、日本基督教団が守ってきた宣教の秩序の生命線であり、宣教委員会として上記のような北村慈郎常議員の聖餐に関する発言と未受洗者にも聖餐に与らせることを自覚的に行っている事は、容認出来ません。
常議員会は、昨年の信仰職制委員会の答申の通り、北村慈郎常議員の行っている未受洗者への配餐の事実に対し明確な判断と指導を行うよう要望します。          以上

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友