【4638号】「教育基本法改定とキリスト教学校」 社会委員会で講演を聴く

一〇月二日~三日、第35総会期第三回社会委員会が教団会議室にて開催された。
柴田彰委員による開会礼拝の後、諸報告を受けた。主な報告事項は①「新潟中越沖地震救援募金のお願い」の全国発送と募金状況の件(九月二八日現在、五三六件・一三、七二六、六二六円)②PCT(台湾長老教会)より新潟中越沖地震へ五七五、五〇〇円の支援献金を受領した件、③能登半島地震救援募金で社会委員会扱いの募金総額は九月二八日現在、四六五件・一一、四三九、七三五円を確認した。また④日本キリスト教保育所同盟への融資金移管が完了した件、⑤八月二三日の死刑執行に対する抗議声明と死刑廃止要望書を送付した件、⑥八月二二日開催の「ハンセン病療養所のあしたをひらく市民の集い」へ出席した件、⑦『第四二号社会委員会通信』『二〇〇六年度社会委員会関係献金報告』を全国発送した件、⑧第二回日本基督教団と在日大韓基督教会との宣教協議会報告等である。
協議事項では、今期の「全国社会委員長会議」を来年六月十六日~十七日に東京にて開催し、テーマは今日的に社会問題化している家庭崩壊やDV、虐待等に絞っていき、講師との交渉に入るとした。別件では、長期療養中の教師へクリスマスプレゼントを届ける為の「長期療養教師調査」依頼と無認可で法人格を持たない開拓的社会事業へ援助する「社会福祉施設援助金への推薦のお願い」を各教区へ発送するとした。さらに「新潟県中越地震」「能登半島地震」「新潟県中越沖地震」のチャリティー・コンサートに協賛し、積極的に関わることを確認した。
また今回の委員会では、女子聖学院中学・高等学校校長の小倉義明先生より「教育基本法改定とキリスト教学校」についてのご講演を頂いた。キリスト教学校の現場から教育基本法改定の問題性と今後の課題を説かれた。本講演内容は、後日『社会委員会通信』に掲載予定である。なお今委員会より欠員補充として福井博文氏(長崎古町教会牧師)が新委員となり委員会に加わった。
(上地武報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友