【4790号】人ひととき 飯田さつきさん CS教師の ジャズ界の新星

 飯田さつきさんは、両親の血筋から、それぞれ大きなものを継承している。

 母方の曾祖父、丹羽源一郎牧師は、開拓伝道で能代教会を立ち上げ、祖母は、伝道師として牧師を助け、「いのちの電話」の創設に関わった。祖母の2人の弟、1人の姪が牧師となった。母は教会のオルガニストを務めている。当然のように、さつきさんは、物心つかないうちから、母に連れられて、阿佐谷東教会のCSで育ち、「神様によって変えられた同世代の子に出会って」恵泉女学園の高2の冬、受洗した。大学生になって以来、CS教師を務めている。

 父方の祖父はベーシスト、父はジャズスクールの学院長で、父方の血筋で言えば、さつきさんは、ジャズ家系3代目に当たる。さつきさんは3歳から、ピアノ教師の母によりクラシック・ピアノを学んだが、音楽的には、父方のジャズに心を揺さぶられるようになった。14歳から本格的に、ジャズ・ヴォーカルを学び始め、大学生時代から都内のLIVEハウスに出演を始めた。

 07年、新人ジャズ・コンテストでグランプリを受賞。09年には渡米して短期間だったが、ボストンのバークリー・カレッジで学び、ハーレムのLIVEにも出演。翌10年、日本ジャズヴォーカル賞の新人賞を受賞した。初アルバムを11年にリリースしたが、後に11年度ディスク・グランプリ35作品の1つに選ばれ、韓国公演も行った。

 教会には、クラシックで活躍する人材は多数いるが、ジャズ界では珍しく、ジャズのスタンダードを歌うCS教師のジャズ界の新星ということが、少しずつ知られるようになって、一昨年、熊本YMCAの市民クリスマスコンサートに呼ばれ、本年1月、北海教区年頭修養会で子どもプログラムの講師を務めた。CS教師を務めながら、歌手としてLIVE出演、ジャズ・スクールの教師と、多忙な日々を送っている。

東京生まれ。恵泉女学園、東海大学社会福祉学科卒。阿佐谷東教会員。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友