インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4642・43号】募金推進に向け再建計画の具体化を 「能登半島地震」被災教会会堂等再建支援委員会

2008年1月26日

第三回「能登半島地震」被災教会会堂等再建支援委員会(以下、委員会という)が、十一月二〇日に、教団会議室で開催された。
委員会は、前回(第二回)委員会記録を確認後、陪席された高橋潤中部教区議長及び小宮山剛中部教区能登半島地震被災教会再建委員長より、前回の委員会以降の中部教区における取り組み経過についての報告を受けた。
その中で、七項目の委員会への依頼、承認事項が出されたが、これらの事項は委員会の協議の中で扱うこととした。
次に教団事務局より十一月二〇日現在の再建支援募金の状況の報告を受けた。また、支援募金を推進するために、クリスマスに向けて募金協力呼びかけのポスターの原案が提示された。委員会はポスターの内容を一部修正、確認し、重ねて全国の教会・伝道所に再建支援募金を依頼することとした。
以後、協議に入り前回に引き続き募金、再建計画等今後の運営について話し合った。
中部教区の再建委員会からの依頼、承認事項については、若干の委員会としての所見、意見を提示して返答した。
募金については、前回の委員会でも示されたように様々な形態で募金が行われているようであるが、あらためて議案の主旨にあるように、これらの支援募金がこの委員会のもとに結集出来る全教団的取り組みとなるよう更に努めていくことを確認した。
再建支援については、前回の委員会で問安の状況等をふまえて、それぞれの教会・伝道所、関連施設に再建計画を詳細に、具体的に出されるようにお願いしていた。
今回、出された再建計画について協議した結果、委員会として教会会堂再建の詳細、具体的な計画を更に見ていくことが必要であると考え、この意向を示してお願いすることとした。
このことは、より詳細な具体的な再建計画が示されることによって、そのことを支援ニュースなどで知らせ、再建支援募金をより推進させていくうえで必要であると思われる。
次回、第四回委員会は二〇〇八年二月六日開催予定。
(津村正敏報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan