【4645号】募金目標額に迫る 小出教会も会堂牧師館再建へ 中越地震再建支援委員会

第5回「新潟県中越地震」被災教会会堂等再建支援委員会が、1月15日、前日に献堂式をおえた見附教会新会堂で開催された。

⑴事務局報告
①献金累計額(一月十一日現在)一七六、八二二、二七二円)。このうち、二〇〇七年九月十八日の報告から増えた金額は、一二、七六八、〇一九円。三四七件。募金目標額まで約三〇〇万円となった。昨年十二月に十日町教会の牧師館、見附教会の会堂・牧師館の建築費残高を送金した。現在の手持資金残高は約六、四〇〇万円である。
⑵関東教区報告
疋田國磨呂関東教区議長および飯塚拓也教区被災支援センター統括主任から、中越地震被災教会の再建状況の報告をうけ協議した。
①昨年十月二一日、長岡教会を会場に中越地震被災教会を覚えて、関東教区諸教会から約一〇〇名が出席し、被災後三回目の記念礼拝が行なわれ共同の祈りがささげられた。②昨秋、新潟地区の宣教の現場と被災六教会を訪問された韓国長老教会の一行から再建支援献金をいただいた。③中越沖地震緊急支援。◎疋田議長が昨年十二月に被災信徒宅を訪問、お見舞した。◎柏崎伝道所の改修工事見積額は約一千万円で、雪解けを待って着工の予定。④十日町教会新牧師館が昨年十二月十五日に完成した。⑤見附教会新会堂は昨年十二月十五日に、牧師館は本年一月九日に完成した。⑥小出教会は清心保育園の補修工事が昨年完了し、いよいよ新購入地における会堂・牧師館の再建となる。その資金を得るため教会員の農家の協力で「魚沼産コシヒカリ」の産直販売に取組んでいる。
⑶募金目標額達成後の支援
①当委員会の支援事業の決算を早期に行い、「能登半島地震」被災教会支援に集中できる環境とすることを再確認した。②小出教会の再建支援の推進を続ける。③中越地震等で関東教区が経験した初動体制、被災五教会連絡会等の被災対応マニュアルが作成できないかとの意見が出された。
⑷支援ニュースについて
教区総会前の発行を目途に、内容の概要を協議した。(樋田利明報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友