【4647号】人ひととき 松本美知代さん

「福音は本当に、Good News だと思います。Newsは伝えないとダメ。Newsは流し続けることが大切です」と言い切る。
洗礼を受けたのは、五年前のクリスマス。「こちら側では何の準備もないまま」導かれるままに受洗準備会。「準備会の途中で、ダメだと思ったらそこでやめればよい」と、気軽に臨んだ。やがて諮問会。「ダメだったら、諮問会でダメと言われるだけ」と、やはり気軽に臨む。
洗礼を受けて間もなく、勉強にもなるからと勧められて教会学校教師に。説教をしなくてはならないが、教師になってから半年間の猶予がある、と気軽に取り組む。
「気軽に」とは言っても、あなたまかせの無責任の姿勢とは全く違う。福音に与らせ、伝えさえ、用いてくださる主の備えと導きを信じて委ねる、喜ばしい態度だと思っている。
キリストの愛に駆り立てられているから、「伝道は待っていてはダメ。Good Newsをこちらから投げるのです。まず投げ、そして投げ続ける」のだという。まさに、Good Newsのキャスター(投げる人)だ。
かつて英語の教師。今も、英検の面接官をする。好きな英語、賜物の英語が用いられて、
“Bible class GRACE”を牧師と共に指導することになった。
「せっかく恵みの中に生かされているのだから、感謝して生きることが幸せなのです」との確信を伝える。「み言葉に触れ、キリストと出会って、強さも与えられるのも幸いです」。主にCS生徒の母親たちが参加し、礼拝にも参加するようになった。
ことさら「伝道」と意識してはいないが、「福音を伝えるために」ついつい面倒なことも提案する。「ついつい」は「聖霊の導き」。不思議なタイミングと備えがあって、子供向けの“GRACE Kids”が牧師夫人らの指導で始まり、多くの親子が礼拝にもつながりはじめている。伝道は「本当の意味で楽しくなければね」。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友