インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4654号】「教会学校応援セット」のアピールを 第6回教育委員会

2008年7月12日

第35総会期第六回教育委員会が六月十日(火)、十一日(水)の両日、教団四階会議室を会場にして委員全員の参加をもって開催された。
岸憲秀委員長が各委員と教育委員会の働きを覚えて祈祷をささげた後、前回議事録の承認と諸報告が行われた。
「ユースミッション2008」については実行委員会の報告後、主に八月二日(土)に予定されている「横浜フィールドワーク」と八月四日(月)から滞在予定の「六甲山YMCA」でのプログラムについて協議を行った。大阪教区教育部が「ユースミッション2008」の、特に関西でのプログラムへの協力を申し出てくださったことは感謝であった。
二〇〇七年度のクリスマス献金は、九、八四〇、一三五円であった。諸経費を引いたほぼ全額を「能登半島地震」被災教会会堂等再建支援委員会、教団社会委員会(中越沖地震)、日本キリスト教海外医療協力会、南西ドイツ福音宣教会、アイヌ奨学金キリスト教協力会に送金予定であるが、そのそれぞれの送金額を決定した。
昨年度から始まった「教会学校応援セット」には一教会・三伝道所からの申込があり、クリスマス献金とこれまでの積み立てを合わせて四二三、九六一円を支出することが決定された。これについてはアピールが不足していたとの反省の声が上がった。今委員会としては継続的に「教会学校応援セット」に力を注ぐことを次期委員会に申し送る。
今年度のクリスマス献金の送金先については小委員会で協議し、次回委員会で決定する。
聖和大学より教育委員会宛に送付された「キリスト教教育主事養成を継続する件について」の依頼文に対しては、岸委員長の作成した文章の字句を訂正し、返信とすることが決定された。
最後に今総会期の委員会報告、特に「評価と展望」の原稿の字句を訂正し、また申し送り事項を確認して委員会を終了した。
(加藤 誠報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan