【4654号】荒野の声

▼「データがないうちに理論づけするのは、大きな間違いだ。事実に合う理論をつくり出すのでなく、無意識のうちに理論に合わせて事実をねじ曲げるようになってしまうからね」…「ボヘミアの醜聞」でのシャーロック・ホームズ。▼全く理解に苦しむ事件が相次いだ。その度に、マスコミで専門家(?)が分かったようなことを言う。「時代の当然なる所産であって、充分に予見できたことだ」。▼かつてある売れっ子心理学者は、当人と一面識もないままに結論めいたことを言うのは無理であって、学者の良心に恥じるとまで言い切り、テレビでコメントするのを止めた。大いに感心したが、この度は彼女も登場し、本人と一面識もない筈なのに、何のデータもない筈なのに、断定的にものを言っていた。▼菜園が思うようにならない。これこそ、データに基づいて確立された理論もある。しかし、天候、苗や種の個性、とても理屈通りには運ばない。仕方がない。天候も作物も生き物だから。▼そして、神様の言葉も、それを読む者も、生き物なのだ。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友