【4656・57号】全教区推進委員会 隠退教師を支える運動

七月一日~二日、教団会議室で二〇〇八年度「隠退教師を支える運動」全教区推進委員会が開催された。
各教区と東京各支区の推進委員、事務担当、内藤留幸教団総幹事、髙橋豊年金局理事長、櫻井淳子同業務室長の陪席者が加わり三〇名の出席者であった。
多田信一委員長の開会祈祷、挨拶に続いて髙橋年金局理事長、内藤総幹事より挨拶をいただいた。
二〇〇七年度事業報告、決算報告等の説明後、新しく加わった三名の委員が紹介された。多くの方がこの業に携わって下さり、「支える運動」の意義がさらに深められ、広められていくことを願うと共に、これまでの御手の御導きを感謝するものである。今年は教団総会決議から三〇年の節目を迎えた。「『隠退教師を支える運動』私たちのビジョン」を全員で朗読し、思いを新たにした。また、三〇年記念誌発行の準備作業中であることが報告された。
各教区での取り組み方、工夫等の話し合いでは、それぞれの教区に適った方法で熱心にこの運動を進めている様子が窺え、互いに励まされたことと思う。特に年金局の現状を覚え、「謝恩日献金」と「一〇〇円献金」の趣旨の違いをきちんと理解していただきながらその上で謝恩日献金の計画額達成にも寄与したいと考える意見が多く述べられた。
二日目は、三〇年記念礼拝が捧げられた後、髙橋年金局理事長と櫻井業務室長から、現在の教団年金局の事業状況について詳しい説明を受けた。歴史の中に主が共に歩まれたその御恵みを感謝しつつ、勤めを果たしたい。
(朝岡瑞子報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友