【4782号】荒野の声

筆者の仕える教会では、伝道月間を設けて、ひと月すべての主日に特別伝道礼拝を献げる。牧師、協力牧師の奉仕と共に、他教会牧師、キリスト教学校教師、宣教師方を説教者として招いて、毎主日、特別伝道礼拝を献げる。土曜日にはクリスチャン演奏家による教会コンサートを行なう。これまでも春秋一回ずつ特別伝道礼拝を献げてきたが、これをひと月に集中させたのである。▼結果としてどうか。簡単には答えが出ない。爆発的な伸びがあるわけではく、依然として教勢の伸びははかばかしくない。だが何かをしなくてはとの祈りの中ではじめた試みである。▼信徒の伝道への意識は変わってきているように感じる。あくまでも数値化できない印象に過ぎないかもしれないが、祈りの中で伝道に触れる言葉が増えてきていることは確かだ。▼人的資源も、財的資源も限りがある。また時間も然りである。これらをできる限り効果的に、集中的に、投入しなくてはならない。できる限り良く献げられねばならない。▼2万の敵に1万の兵で戦えるか、よく考えなくてはならない、と主は仰った。全てを捨てての献身が求められる所以である。限られた時間の中で、限られた力を少しでも良く主に献げるため、一人でも多くの人に福音が届けられるため、さらなる祈りと工夫が必要だ。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友