【4702号】養成プログラム改訂を巡り 第2回・3回キリスト教教育主事養成に関する検討委員会

第2回委員会が3月23日、教団会議室で開催された。出席者は、木下宣世委員長、向井希夫書記、小林貞夫委員、岡本知之信仰職制委員長、黒田若雄教育委員長と野村和正担当幹事。開会祈祷を木下委員長がささげた。
前回議事録承認の後、2月2日、関西学院大学・聖和キャンパスで持たれた、キリスト教教育主事養成を担っている「聖和」関係者との懇談の報告を木下委員長が行い、内容確認を行った。当委員会としては、「キリスト教教育主事養成プログラムを改定するにあたって-養成校 聖和大学からの提案-」を参考にし改定を進める。
具体的には、養成を担ってきた聖和大学人文学部キリスト教学科の募集停止に伴い、「キリスト教教育主事認定試験規定」第1条③を最初にし、①、②、④の順とする。詳細については、検討する。第1条③における関係学校への問い合わせ、確認については、常議員会で内容が確定した後、教育委員会が行う。受験者には、教会の教育現場での経験が必要である。教師試験のCコース型については、将来的な検討課題程度とする。以上を確認した。
上記確認を踏まえて委員長と書記で原案を作って、次回委員会に提案する。
閉会祈祷を黒田委員がささげた。
第3回委員会が、5月31日、教団会議室で行われた。出席者は、上記第2回と同じ。開会祈祷を木下委員長がささげ、前回議事録が承認された。
黒田委員(教育委員長)は、本委員会第1回、第2回の協議内容を教育委員会(5月18、19日開催)で報告し、意見を求めたと報告した。今までの協議を踏まえて木下委員長が準備した「報告書」、「改定案」について協議し、「キリスト教教育主事認定試験規定」第3条の本文中の「所属教会主任教師の推薦書」に続けて「ならびに所属教会における教会教育奉仕に関する報告書」を加えるなど一部訂正し承認した。最終案を木下委員長がまとめ、次回常議委員会(7月12、13日)に提案する。第37回教団総会「報告書」は、「評価と展望」を委員長が、その他を書記がまとめて提出する。
閉会祈祷を向井書記がささげて閉会した。
(向井希夫報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友